政治

予算案、28日に衆院通過 年度内成立へ

 2020年度予算案は28日に衆院を通過する見通しとなった。与党の早期採決方針に対し、立憲民主党幹部は「土日をまたぐ考えはない」と容認する考えを示した。関係者が26日、明らかにした。予算案が3月2日までに衆院通過すれば、憲法の衆院優越規定により3月中に予算が自然成立するため、年度内成立が確実な情勢となった。

 立民など野党は、与党が予算案の衆院予算委員会の採決日程を27日に強行で決める場合、棚橋泰文委員長(自民党)の解任決議案を衆院へ提出する方針を固めた。森雅子法相の不信任決議案提出も引き続き検討する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス