30分以内の検出可能に、神奈川 新型コロナ検査時間、大幅に短縮

 新型コロナウイルスの検出法開発について記者会見する神奈川県の黒岩祐治知事(左)と理化学研究所の担当者=27日、神奈川県庁

 神奈川県衛生研究所などのチームは27日、新型コロナウイルスの検出に用いる新たな検査法を開発したと発表した。現在検査に使われているPCRと比べて大幅に時間を短縮でき、30分ほどで検出が可能になるという。医療現場に配備されれば迅速診断に役立ちそうだ。

 新検査法は理化学研究所と共同で試薬を開発、同県がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の感染者から分離したウイルスをもとに効果を確認した。黒岩祐治知事は会見で「なるべく早く皆さんに使ってもらえるようにしたい」と話した。今後県内で実証実験を行う。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス