処理水の海洋放出「合理的」 福島原発巡りIAEAトップ

 訪日中の国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は27日、東京電力福島第1原発の処理水処分を巡って浮上している海洋放出案について「他国でも行われているが魚や海底土に大きな問題を起こしていない。合理的だ」と理解を示した。国内外で懸念があることには、第三者の立場からIAEAが関与する必要性を強調した。

 東電は放射性物質トリチウムを含んだ水のタンクの容量が2022年に限界に達すると主張。長期保管を求める声もあるが、日本政府の小委員会は今月、海洋放出の利点を強調する報告書を出した。

 漁業関係者は反発し、海外でも韓国などが神経をとがらせている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス