保育所、学童は原則開所 働く保護者考慮、厚労省

 厚労省などが入る東京・霞が関の中央合同庁舎

 新型コロナウイルスの感染拡大で政府が全国の小中学校、高校に臨時休校を要請すると表明したことに対し、厚生労働省は27日、保育所と、共働きやひとり親家庭の小学生を放課後に預かる放課後児童クラブ(学童保育)について、原則として引き続き開所してもらうよう、都道府県や指定都市に通知した。

 保育所や学童保育は共働き世帯が多く利用しているため、保護者の就労状況を考慮した。厚労省の担当者は「保護者が出勤したら、家に1人でいることができない年齢の子どもたちだ。保育所は春休みもなく、学校とは違う」と説明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス