千葉市長が休校要請に懸念 学校で低学年預かる検討も

 安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染拡大防止対策として全国の小中高校に3月2日から休校を要請する方針を示したことを受け、千葉市の熊谷俊人市長は27日、自身のツイッターに「医療関係者など社会を支えている職種の親はどうするのか。社会が崩壊しかねない」などと投稿し懸念を表明した。保護者が対応できない場合、低学年や特別支援学級を中心に感染防止対策をした上で学校で預かることも検討しているとした。

 同市教育委員会は同日、市立校の生徒や教職員が感染した場合の休校に関する方針を決めたばかりだった。

 ツイッターによると、市長は「衝撃の報道」などと感想を記した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス