芸能・文化

是枝監督がアン・リー監督と対談 「アジアの先輩」ベルリン映画祭

 第70回ベルリン国際映画祭で、イベント登壇前に笑顔を見せる是枝裕和監督(左)とアン・リー監督=27日、ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】ベルリン国際映画祭で27日(日本時間28日)、70回開催を記念して世界の名匠を招くイベントに是枝裕和監督が登壇し、台湾出身のアン・リー監督と対談した。

 リー監督の作品を見続けてきたという是枝監督は「アジア出身の監督がアメリカに渡り、言語や文化の問題を超えていけるんだと思い、可能性を切り開いていく先輩として尊敬し続けてきた」とたたえた。

 映画祭では両監督の過去の作品を上映。リー監督の「ブロークバック・マウンテン」について、是枝監督は「最初の3カットを見ただけで傑作に違いないと思い、その期待が最後まで裏切られなかった」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス