経済

VW、排ガス不正で和解 ユーザー26万人に計1千億円

 【ベルリン共同】ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は28日、ディーゼル車の排ガス規制逃れ問題を巡り、ユーザー側に約8億3千万ユーロ(約1千億円)を支払うことで和解したと発表した。同国の消費者団体VZBVがユーザーを代表する形でVWを提訴していた。ドイツ国内のユーザーら約26万人が対象になるという。

 VWはディーゼル車に排ガス浄化装置を検査時だけフル稼働させる違法なソフトウエアを搭載していた。対象車両は欧州や米国など世界で最大約1100万台に上る。

 問題は2015年に発覚した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス