スポーツ

徳勝龍「徐々にペース上げたい」 先場所幕尻優勝、注目集め

 朝稽古で汗を流す徳勝龍(左)=大阪府吹田市の木瀬部屋宿舎

 大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)に向け、先場所で幕尻優勝を果たした西前頭2枚目の徳勝龍が29日、大阪府吹田市の木瀬部屋で平幕志摩ノ海らと胸を合わせた。押し込まれる場面も目立ったが「気負わず、マイペースで。自分のできることをやって(状態を)徐々に上げていければいい」と焦ることなく言った。

 先場所の躍進で一気に注目が集まり、イベントに参加するなど忙しくなった。ただ、休む日はなく、33歳のベテランは稽古量に強弱を付け、調整を続けている。今は疲れがたまっている時期で、ケアにも時間を割き「場所で力を出すことが大事」と冷静だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス