国際

韓国で初の日本人感染者 南東部の大邱

 29日、新型コロナウイルスの感染が広がる韓国南東部の大邱で防疫作業をする陸軍部隊(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国南東部・大邱で日本人の新型コロナウイルス感染が確認されていたことが29日分かった。関係者が明らかにした。韓国で日本人の感染が判明するのは初めて。年齢や性別などは明らかになっていない。

 韓国政府は29日、国内の感染確認者が1日で813人増え、計3150人になったと明らかにした。大邱が大半の計2236人を占める。

 日本外務省は28日、韓国全土を対象に、渡航の際に十分な注意を促す感染症危険情報レベル1を出した。韓国外務省は29日未明、日本全域を対象に、訪問に際して注意を促す旅行警報の第1段階を発令した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス