国際

米大統領とタリバン会談へ 近く、和平履行促す狙い

 29日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は2月29日、ホワイトハウスで記者会見し、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンと米国が署名した和平合意の重要性を強調した上で「タリバンの指導者たちと遠くない将来に直接会う」と述べた。2001年の米中枢同時テロから敵対するタリバン側と会談すれば極めて異例。合意履行を強く求める狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は19年続くアフガニスタンでの戦いについて「みんな戦争に疲れている」と指摘。駐留米軍の兵士らを「帰還させる時だ」と強調し、自身が掲げる公約の実現に意欲を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス