国際

韓国大統領「日本と危機克服を」 感染拡大で、三・一独立運動式典

 1日、ソウル市内で開かれた三・一独立運動の式典で演説する韓国の文在寅大統領(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は1日、1919年に朝鮮半島で日本の植民地統治に抵抗して起きた「三・一独立運動」の政府式典で演説し「日本は常に最も近い隣国だ」と述べ、新型コロナウイルスの感染拡大を念頭に「共に危機を克服し未来志向の協力関係へ努力していこう」と訴えた。中国、北朝鮮にも「国境を超えた協力」を呼び掛け、連携姿勢を鮮明にした。

 韓国では1日までの感染者が計3千人を突破。文氏は危機レベルを4段階で最高の「深刻」に引き上げており、韓国内の非常事態が演説内容に色濃く反映された形だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス