国際

北朝鮮が飛翔体2発発射、今年初 弾道弾か、240キロ飛行

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が同日午後0時37分(日本時間同)に東部元山付近から北東方向の日本海に向け短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射したと明らかにした。韓国軍によると飛距離は約240キロ、最高高度は約35キロ。北朝鮮の飛翔体発射が伝えられたのは今年初めて。米朝対話が停滞する中、北朝鮮は兵器開発を引き続き進める姿勢を示した。

 日本の防衛省は、日本の排他的経済水域(EEZ)への飛来は「確認されていない」とし、航空機や船舶の被害も現時点ではないと発表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス