国際

韓国の新興教団トップ謝罪 感染拡大「故意ではない」

 2日、韓国北部の京畿道加平郡の教団施設周辺で記者会見し、謝罪する新天地イエス教会のイ・マンヒ教主(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国で新型コロナウイルスの感染を広めたとされる新興宗教団体「新天地イエス教会」のイ・マンヒ教主が2日、韓国北部の京畿道加平郡の教団施設周辺で記者会見し、謝罪した。「故意ではないが、大勢の感染者が出た」と釈明した。

 韓国では南東部大邱にある同教団の教会信徒の間で、礼拝などによって感染が広がった。ソウル市は1日、教団が感染拡大の防止に協力せず、これが被害を拡大させたとしてイ教主ら教団幹部を殺人などの容疑で検察に告発した。

 イ教主が問題発覚後、公の場に現れたのは初めてで、告発による刑事責任の追及を逃れる狙いがありそうだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス