国際

米、新華社など中国記者数に上限 「共産党宣伝機関」に認定の5社

 【ワシントン共同】米政府は2日、中国の国営通信新華社など中国共産党・政府系メディア5社の記者などとして米国内で働く職員の人数に13日から計100人の上限を設けると発表した。現状は約160人が働いている。北京駐在の米紙記者の記者証取り消しに対する事実上の報復の意味合いもあるとみられる。中国の反発は必至だ。

 ポンペオ国務長官は声明で「中国政府による外国メディアへの監視や嫌がらせ、脅迫」に対抗するものだと説明。中国政府に「表現の自由」を尊重するよう求めた。

 米政府は2月、5社を「中国共産党の宣伝機関」に認定し、管理を強化したばかり。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス