国際

イスラエル首相の右派が第1党へ 1年間で3度目の総選挙

 イスラエル総選挙で、出口調査の結果に反応する与党「リクード」の支持者ら=2日、テルアビブ(ロイター=共同)

 【エルサレム共同】1年間で3度目となったイスラエル総選挙は2日夜に投票が締め切られ、開票作業が始まった。複数の地元テレビの出口調査ではネタニヤフ首相の与党、右派「リクード」が第1党の見通し。ただ首相続投のためには、連立協議の枠組みでリクードを中心とする右派・宗教系勢力が過半数を確保できるかが鍵となる。

 地元テレビ3局の予想獲得議席数によると、リクードは36~37で、ガンツ元軍参謀総長が率いる最大野党の中道政党連合「青と白」の32~34をリードしている。連立協議の枠組みではネタニヤフ氏支持の右派・宗教系勢力が59で、過半数に2議席届いていない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス