政治

特措法改正案、12日衆院通過へ 新型コロナ、与野党合意

 衆院本会議=2月

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は5日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案について、11日に衆院内閣委員会で審議し、12日に衆院本会議で採決する日程で合意した。賛成多数で可決する見通しだ。政府は10日に改正案の国会提出を予定している。立民など野党3党の国対委員長は会談し、改正案の賛否は各党内で議論すると申し合わせた。早期審議を容認する方針は確認した。

 与党は13日の改正案の成立へ調整を急ぐ。施行されれば、政府は私権制限を伴う緊急事態宣言を出せる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス