国際

イタリア休校、劇場事実上閉鎖も ハグだめ、国民投票延期

 【ローマ共同】新型コロナウイルスの感染者増が続くイタリアでコンテ首相が5日までに、拡大防止策をまとめた首相令を出した。15日までの全校休校を決めたほか、劇場や映画館は事実上閉鎖、国民にはハグや握手をやめるよう呼び掛けた。同国での死者は107人、感染者は3089人に上る。抑え込みは奏功しておらず観光業への打撃も広がっている。

 コンテ首相は5日、今月29日に予定していた国会議員削減に関する国民投票を延期すると発表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス