国際

韓国、日本に相応の措置検討 入国制限「遺憾」と外務省

 【ソウル共同】韓国外務省は6日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、韓国からの入国者に指定場所での2週間の待機を要請したことについて「極めて遺憾で措置の再考を強く求める」とした上で、日本への渡航情報引き上げなど相応措置を検討していると明らかにした。

 聯合ニュースによると、韓国大統領府は国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を同日午前に開催し、対応を協議。丁世均首相も別の会議で「即刻撤回を求める」と述べた。趙世暎外務第1次官は冨田浩司駐韓大使を呼び、抗議する予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス