政治

菅氏、緊急事態宣言の状況にない 現時点で認識、新型コロナ拡大

 菅義偉官房長官は6日の衆院内閣委員会で、新型コロナウイルスによる肺炎拡大に関し、現時点で緊急事態宣言を出す状況にあるかを問われ「ないと認識している」と述べた。私権制限を伴う緊急事態宣言の発令は、新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の成立・施行後に可能となる。公明党や野党は慎重な手続きが必要と指摘している。

 一方で、菅氏は国内での感染拡大が続いた場合、発令はあり得るとした。状況が悪化する事態に備えて法整備を進めるのかとの質問に「そういう考え方だ」と答えた。

 緊急事態宣言を判断する際には「専門家の知見が必要だ」とも語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス