経済

厳重注意のストライプ社長が辞任 人気アパレル、女性社員巡り疑惑

 若い女性に人気のアパレルブランド「アース ミュージック&エコロジー」などを手がけるストライプインターナショナル(岡山市)は6日、女性社員らとの距離の取り方で査問会から厳重注意を受けた石川康晴社長が同日付で辞任したと発表した。石川氏から辞任の申し出があったとしている。後任には立花隆央専務が昇格した。

 石川氏を巡っては女性社員らをホテルに誘っているのではないかといった4件の疑惑について2018年12月に査問会が開かれた。セクハラは認定されなかったが、無料通信アプリLINE(ライン)のやりとりなど距離の近さに問題があるとして厳重注意となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス