国際

サウジ前皇太子拘束と報道 権力固めの一環か

 サウジアラビアのムハンマド皇太子=2019年9月(ロイター=共同)

 【カイロ共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は6日、サウジアラビア当局がムハンマド・ビン・ナエフ前皇太子とサルマン国王の弟アハマド王子を拘束したと報じた。ロイター通信も、サウジ当局がアハマド王子ら有力王族2人を拘束したと伝えた。

 サウジでは国王の息子ムハンマド皇太子が権力を握る過程で、ほかの王族や要人が拘束されている。今回の拘束が事実なら、皇太子の権力固めの一環とみられる。クーデターを試みた疑いなどが理由とされる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス