社会

福島・いわき市で震災追悼行事 「決して忘れない」と祈り

 東日本大震災の追悼式で、新型コロナウイルス感染予防のためマスクを着用した参列者=8日、福島県いわき市の平豊間地区

 東日本大震災の津波で甚大な被害が出た福島県いわき市の沿岸部で8日、住民による追悼行事が行われた。震災から9年になるのを控え住民は「決して忘れてはいけない」と亡き人をしのんだ。

 同市久之浜町の海岸では、災害関連死を含め周辺の地区で亡くなった69人を悼むため、献花台が設置され、次々と住民が訪れた。地震発生時刻には約20人が海に向かい黙とうした。

 90人が亡くなった平豊間地区では、集会所での追悼式に住民約80人が参加。黙とうをささげた後、近くの慰霊碑に花を手向けた。

 いわき市では震災で468人が犠牲になった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス