スポーツ

大相撲で初の無観客、静寂の実施 八角理事長「世の中に平安を」

 史上初の無観客開催となった大相撲春場所で、協会あいさつに臨む力士ら=8日午後、エディオンアリーナ大阪

 新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の無観客開催となった大相撲春場所が8日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で初日を迎え、静寂の中で取組が行われた。日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は恒例の協会あいさつで「世界中の方々に勇気や感動を与え、世の中に平安を呼び戻すことができるよう、15日間全力で努力する所存です」と述べた。

 普段は三役以上の力士も土俵に上がるが、この日は八角理事長だけ。白鵬、鶴竜の両横綱ら幕内力士らが土俵下に勢ぞろいし、異例の形式で実施した。理事長は「ファンの方々の声援を心に感じ、ご期待にお応えするものと存じます」と決意を表明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス