国際

北朝鮮が飛翔体複数発射 日本海に落下、弾道弾か

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は9日、北朝鮮が東部咸鏡南道・宣徳付近から北東方向の日本海に向け、同日午前7時36分ごろ(日本時間同)から少なくとも飛翔体3発を発射したと発表した。北朝鮮の飛翔体発射が判明したのは2日に続き今年2回目。韓国軍が追加の発射に備え、警戒態勢を取っている。

 安倍晋三首相は9日「弾道ミサイルとみられるものが発射された」と述べた。日本政府は、約100キロから200キロ飛翔し、日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下したと推定されると発表した。詳細は分析中としている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス