国際

北朝鮮に足止めの外交官らが出国 1カ月ぶりロシアへ臨時便

 高麗航空の臨時便に乗るため、平壌国際空港で体温検査を受ける乗客=9日(共同)

 【平壌、モスクワ共同】北朝鮮国営高麗航空の平壌発臨時便が9日、ロシア極東ウラジオストクに到着した。北朝鮮による新型コロナウイルス対策により同国内に足止めされていた外交官ら外国人約60人が搭乗。高麗航空の国際旅客便の運航は約1カ月ぶり。

 北朝鮮は2月初めまでに中国、ロシアとを結ぶ列車や飛行機を停止、海外との往来を遮断した。国内に感染者はいないとしているが、平壌駐在の外交官らは約1カ月間、居住区域外への外出を禁じられ物資調達にも大きな支障が出ていた。

 出張で平壌を訪れたロシアの外交官男性は「北朝鮮当局の感染防止対策は成功しているようだ。混乱はない」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス