社会

広島の芸備線で脱線、乗客なし 土砂に乗り上げ

 9日午前5時50分ごろ、広島県庄原市のJR芸備線東城―備後八幡間で、新見発備後落合行きの列車(1両編成)が線路に流入した土砂に乗り上げ脱線した。国土交通省鉄道局によると、乗客はおらず、運転士1人にけがはなかった。

 芸備線は単線で、倒木や土砂が流入しているところに列車が乗り上げ脱線、横転した。運転再開の見込みは立っておらず、終日代行輸送を行う。

 運輸安全委員会は、同日にも現地に鉄道事故調査官を派遣する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス