芸能・文化

韓国初の最優秀主演女優賞に感謝 記者役のシム・ウンギョンさん

 日本アカデミー賞で韓国人初の最優秀主演女優賞に輝いたシム・ウンギョンさん(聯合=共同)

 【ソウル共同】今年の日本アカデミー賞で韓国人として初めて最優秀主演女優賞に輝いたシム・ウンギョンさん(25)が9日、所属事務所を通じてコメントを発表し「こんなに大きな賞をもらえて本当にありがたい」と喜びを語った。シムさんは同作品賞を受賞した日本映画「新聞記者」で、政治スキャンダルを巡り政権に立ち向かう社会部の女性記者役を演じた。

 韓国メディアでも「快挙」として大きく報じられた。京郷新聞はシムさんが日本語の勉強に1年をかけて演技に臨んだエピソードを紹介。授賞式で「全然(受賞できると)思わなかったので(コメントの)準備をしていなかった」と語る様子も伝えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス