経済

中小企業支援に5千億円超確保 無利子、無担保で融資

 政府が、新型コロナウイルス感染症の緊急対策第2弾で、中小企業や小規模事業者を対象に新たな貸付制度を創設するため、5千億円超を確保することが9日、分かった。10日に決定する。新制度では、実質無利子、無担保での融資枠を設け、企業の雇用維持や事業継続を支援する。

 政府は2月に公表した第1弾の対策で、日本政策金融公庫などを通じて5千億円の低利融資・保証枠を準備した。第2弾では、中国など海外の事業で打撃を受けた大企業への支援策も拡充し、第1弾と合わせて計約1兆6千億円規模の資金繰り支援を実施する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス