経済

NY株一時2千ドル超安 過去最大下げ幅、取引停止

 下げ幅が一時1800ドルを超えたNY株式市場のダウ平均を示すモニター。下落率が規定を超えたとして取引は一時停止された=9日夜、東京・東新橋

 【ニューヨーク共同】週明け9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、前週末からの下げ幅は一時、2000ドルを超えた。過去最大の取引時間中の下げ幅。ニューヨーク証券取引所は取引開始して数分後、米株価指標の下落率が規定を超えたとして、取引を一時停止するサーキットブレーカーを発動した。

 午前9時半すぎの取引停止時点で前週末比1884・88ドル安の2万3979・90ドルをつけた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で世界的な景気後退懸念が強まり、売りが売りを呼ぶ展開となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス