伊北部、入国拒否で調整 政府、感染拡大受け

 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大が続くイタリア北部の地域を入国拒否の対象に追加指定する方向で調整に入った。複数の政府関係者が9日、明らかにした。10日の政府対策本部会合で決定する方針だ。

 入国申請日より前の14日間に、イタリアの該当地域に滞在した外国人が対象になるとみられる。日本政府はこれまでに、感染が拡大した中国の湖北省や浙江省、韓国の大邱市など一部、イランの一部にも同様の措置を適用している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス