国際

米軍、アフガン撤退開始 停戦協議や捕虜解放は進まず

 【イスラマバード、ワシントン共同】アフガニスタン駐留米軍は9日、米国とアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンによる和平合意を受け、駐留米軍の一部部隊が撤退を開始したと発表した。一方、和平合意が10日から開くと明記していたアフガン内の停戦に向けた協議は開催のめどが立たず、協議の前提となるタリバン捕虜の解放も実現していない。

 米メディアによると、第1陣として数百人が移動を始めたという。トランプ政権が、2001年から続く「米史上最長の戦争」終結に向け、スムーズに撤退を進められるかどうかが焦点となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス