くらし

親の7割が運動不足を心配 感染対策の一斉休校でNPO調査

 新型コロナウイルス感染症対策の一斉休校の影響による「子どもの運動不足」を心配している保護者が69・9%に上るとの調査結果を、認定NPO法人フローレンス(東京)が10日公表した。担当者は「校庭を開放するなど体を動かす場が必要だ」と指摘。「一斉休校がいつまで続くのかに関し、政府は見通しを示してほしい」とも訴えた。

 6~9日にウェブで調査。小学生の親を中心に学校や保育園などが休みになった保護者約8300人の有効回答を得た。

 休校により「とても困っている」「困っている」と答えたのは計68・1%だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス