国際

プーチン大統領続投へ改憲案 ロシア下院、任期制限撤廃を承認

 ロシア下院で演説するプーチン大統領=10日、モスクワ(AP=共同)

 【モスクワ共同】ロシア下院は10日、大統領の任期制限撤廃を憲法改正案に盛り込むことを賛成多数で承認した。2024年に任期が切れるプーチン大統領の通算5選に道を開く決定。採決を前にプーチン氏は下院で演説し「任期制限の撤廃には反対」と表明したが、下院は撤廃を認めた。

 大統領の多選には国内に根強い反対の声もある中、議会承認を名目に、5期目への可能性を残す政権の筋書きに基づいた展開とみられる。

 憲法改正を巡っては、上院での審議を経て、全国投票が4月22日に行われる予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス