政治

森法相「検察官逃げた」答弁撤回 原発事故巡り、野党は更迭要求

 参院予算委で答弁する森法相=11日午後

 森雅子法相は11日の参院予算委員会で、2011年の東京電力福島第1原発事故当時、福島県の検察官が市民より先に逃げたとの9日の答弁について「不適切だった」と述べ、答弁を撤回した。予算委は野党が反発して紛糾し、審議が打ち切られた。立憲民主党の蓮舫参院幹事長は「自ら所管する検察官を事実確認なく愚弄した。閣僚の資質は一ミリもない」と更迭を要求した。

 森氏は9日の予算委で、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を巡り、野党から具体的な説明を求められ、唐突に原発事故時のケースを例示し「検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していない中で最初に逃げた」などと発言した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス