スポーツ

ボクシング岡沢、五輪出場決める 女子フライ級の並木らは決勝へ

 ボクシングの東京五輪代表に決まった岡沢セオン

 【アンマン共同】ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は11日、アンマンで行われ、男子ウエルター級5位決定戦で岡沢セオン(鹿児島県体協)が中国選手に5―0で判定勝ちし、五輪出場を決めた。日本男子の出場権獲得第1号となった。

 日本男子の開催国枠は4階級。岡沢が自力で獲得したため、日本連盟は残り3枠で出場する選手を28日までに決める。

 既に五輪出場が決まった女子の2人は決勝で、フライ級の並木月海(自衛隊)が常園(中国)と、フェザー級の入江聖奈(日体大)が昨年の世界選手権銅メダルの林郁テイ(台湾)と顔を合わせる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス