国際

北朝鮮非難決議に日本復帰 国連人権理中断で採決は延期

 【ジュネーブ共同】国連人権理事会に欧州連合(EU)が提出した北朝鮮の人権状況を非難する決議案の共同提案国に、昨年は日朝対話を目指し加わらなかった日本が復帰したことが12日、分かった。だが人権理は12日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて13日での中断を決めたため、採決も無期限延期されることになった。

 同様の決議案を、日本は2018年まで11年連続で提出してきたが、日本人拉致問題解決に向けた日朝対話を狙い、昨年は提案国に加わらなかった。だが昨年11月の国連総会第3委員会(人権)での非難決議は共同提案し、この方針転換を今回も踏襲した形となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス