国際

米大統領、入国禁止措置を正当化 事前説明には「時間かかる」

 12日、米ホワイトハウスで話すトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は12日、欧州からの入国禁止措置を巡り、欧州首脳から事前協議がなかったと不満が出ている点に関し「いくつかの主要国とは事前に話した。全てに電話すれば時間がかかる。素早く行動する必要があった」と正当化した。「欧州は関税を上げる時、われわれと協議しない」と批判した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 トランプ氏は欧州での感染状況について「イタリアは大きな困難に直面しているし、ドイツもフランスも問題を抱えている」と憂慮を表明。新型コロナウイルスについて「驚くべき速さで感染が拡大している」と指摘しつつも「やがて収まる」と繰り返した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス