国際

エチオピアで日本人感染 国内初、容体は安定

 【ナイロビ共同】エチオピア保健省は13日、同国滞在中の日本人(48)が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。エチオピアで初の感染確認者となる。

 感染した邦人は4日、西アフリカ・ブルキナファソからエチオピアに渡航。医療施設に隔離中で、容体は安定しているという。

 エチオピアには200人以上の邦人が居住している。首都アディスアベバにはアフリカのハブ(拠点)空港があり、エチオピア経由でアフリカ各国や欧州へ行く邦人も多い。

 貧困国が集中するサハラ砂漠以南(サブサハラ)では13日現在、9カ国で欧米人ら40人前後の感染が確認されている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス