くらし

山手線、高輪ゲートウェイが開業 半世紀ぶり新駅、首都の玄関口に

 JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」=14日午前、東京都港区

 東京のJR山手線に30番目の新駅「高輪ゲートウェイ」が14日未明、東京都港区の品川―田町間に開業し、初日から多くの利用客でにぎわった。山手線の新駅は1971年4月の西日暮里以来で約半世紀ぶり。東海道新幹線が発着する品川駅の隣にあり、羽田空港への鉄道アクセスも便利な立地で首都の新たな玄関口となる期待を担う。入り口のシャッターが開くと、待ち構えた約350人からは拍手。山手線内回りの一番列車が午前4時35分、中村多香駅長の右腕を高く挙げる合図で、数秒間警笛を鳴らして出発すると「おめでとう」という祝福の声がホームに響いた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス