くらし

近鉄、海の幸デザイン新車両公開 行商人専用の「鮮魚列車」後継

 近鉄が報道関係者に公開した鮮魚運搬用の新車両「伊勢志摩お魚図鑑」=14日午後、三重県明和町

 近畿日本鉄道は14日、三重県で水揚げされた海産物を大阪方面に運ぶ行商人専用の「鮮魚列車」が13日に運行を終えたのに伴い、後継として新しく導入する専用車両「伊勢志摩お魚図鑑」を報道陣に公開した。伊勢エビやマダイ、マンボウなど伊勢志摩で取れる43種類の海の幸がデザインされている。

 近鉄によると、新車両は16日以降の平日、早朝に松阪駅(三重県松阪市)を出発する大阪上本町行きの列車の最後尾に連結される。平日に乗車できるのは行商人のみだが、同社は土日祝日にツアーなどを企画し、一般客にも利用してもらいたいとしている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス