国際

シリア内戦下の出生480万人 反政府デモから9年、ユニセフ

 シリア国境近くにあるヨルダンの難民キャンプで、ユニセフなどの講習を受けるシリア難民の子どもたち=11日、マフラク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】シリア内戦の契機となった反政府デモの開始から丸9年の15日、ユニセフは、この9年間にシリアで生まれた子どもが約480万人に上り、さらに約100万人が近隣諸国で難民として生まれたことを明らかにした。

 フォア事務局長は「紛争当事者とその支持者はシリアの大虐殺に終止符を打てずにいる。あまりにも多くの子どもが、あまりにも長い間苦しんでいる」と、早急な内戦終結を訴えた。

 ユニセフによると、公式統計を取り始めた2014年から19年までで9千人以上の子どもが殺傷され、5千人近い子どもが戦闘に駆り出された。攻撃を受けた教育・医療施設は千近くに達する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス