国際

習氏、発生源特定を指示 新型コロナ、政治誌に寄稿

 中国・武漢の「火神山医院」を視察する習近平国家主席=2020年3月10日(新華社=共同)

 【北京共同】中国の習近平国家主席は16日発行の共産党の政治理論誌「求是」に寄稿し「病原体がどこから来て、どこへ向かったのか明らかにしなければならない」と新型コロナウイルスの発生源を突き止める研究を進めるよう指示した。新華社電が伝えた。

 ウイルスを媒介した動物の特定を進め、人工知能(AI)やビッグデータも活用し、ウイルスの発生源をさかのぼり、どのように広がったかを明らかにする必要があると指摘した。

 中国外務省の報道官が米軍がウイルスを持ち込んだ可能性があるとツイッターで主張し、米国務省が13日、中国大使を呼び出し抗議した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス