国際

米民主候補、初めて一対一で討論 重要4州予備選前、コロナも

 【ワシントン共同】米大統領選で政権奪還を目指す民主党の候補者討論会が15日、首都ワシントンで開かれ、事実上の一騎打ちとなった中道バイデン前副大統領(77)と左派サンダース上院議員(78)が初めて一対一で討論した。新型コロナウイルスの感染拡大が最大の懸案に浮上する中、検査や医療態勢を巡り国民皆保険の必要性で攻防を繰り広げた。

 候補者選びは17日に重要4州予備選が予定され、バイデン氏が党指名を事実上確定するか、サンダース氏が挽回するか決まる重要局面を迎える。

 討論会は当初、西部アリゾナ州で予定されたが、新型コロナウイルスの影響で場所が移された。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス