国際

仏地方選、コロナでやり直しも 投票率20ポイント下がり最低に

 【パリ共同】フランスで約3万5千の市区町村議会の議員を選ぶ統一選挙(比例代表2回投票制)の第1回投票が15日、行われた。新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、推定投票率は前回を約20ポイントも下回る45%前後。過去最低の水準に野党からは22日の第2回投票を延期すべきだとの声が上がり、フィリップ首相は週初めに専門家らと協議すると表明した。

 延期の場合、第1回投票で当選者が決まった市区町村以外は全てやり直しとなる可能性を地元メディアは伝えている。

 政府は14日夜、生活必需品の店を除き商業施設を15日午前0時で無期限閉鎖すると発表する一方、選挙は決行した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス