国際

ベトナムのコメどころ、緊急事態 干ばつ・塩害、メコンの水位低下

 ベトナム南部キエンザン省の農地で、干ばつや塩害の影響を調べる地元当局者ら=8日(VNA=共同)

 【ハノイ共同】世界有数のコメどころとして知られるベトナム南部メコンデルタで干ばつと塩害が深刻化している。東南アジアの大河メコン川の水位が低下して海水が入り込み、ベンチェやキエンザンなど5省は16日までに緊急事態を宣言、対応に追われている。

 メコンデルタはメコン川の最下流域に広がる低湿地帯。地球温暖化による海面上昇に加え、中国などによる上流でのダム建設で川の流量が減ったこともあり、近年塩害に悩まされてきたが、今年は少雨のため際立って深刻という。

 地元メディアによると、緊急事態を宣言した5省では既に水田約4万ヘクタールが被害を受けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス