国際

フランスも全土外出制限 新型コロナと「戦争」訴え

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は16日、テレビ演説し、新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、17日正午(日本時間同午後8時)から少なくとも15日間全土で人々の外出を制限すると表明した。違反は罰するとした。

 マクロン氏は「私たちは(ウイルスとの)戦争状態にある」と何度も繰り返し緊急事態だと訴えた。生活必需品の買い物や在宅勤務ができない際に仕事へ行くなど絶対に必要な場合のみ移動を認めるとした。

 フランスでの感染確認者は16日、6633人となり、死者は148人。欧州ではイタリアやスペインが既に同様の外出制限を適用している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス