政治

G7首脳から五輪延期の意見出ず テレビ会議について菅氏説明

 記者会見する菅官房長官=17日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は17日の記者会見で、先進7カ国(G7)首脳による16日の緊急テレビ電話会議で東京五輪・パラリンピックを延期すべきだとの意見はなかったと説明した。安倍晋三首相が「完全な形」での開催を目指すとした発言には「今まで通りの大会を開催したいということだ」と述べ、大会の縮小や無観客での開催は想定していないとの認識を示した。

 同時に「予定通りの開催に向けて、IOC(国際オリンピック委員会)などと緊密に連携を取りながら準備を着実に進めていく考えに変わりはない」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス