国際

コロナで欧州首脳、握手やめよう 長い伝統、切り替え難しく

 ドイツのゼーホーファー内相(中央)に握手を拒まれたメルケル首相(左)=2日、ベルリン(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル、ベルリン共同】欧州で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、各国政府はあいさつの際の握手を避けるよう国民に呼び掛けている。ただ、握手は欧米の習慣。オランダのルッテ首相は9日、テレビで「今日から握手をやめよう」と訴えた直後、隣にいた保健当局者と握手してしまい苦笑い。長年の伝統を変えることの難しさを自ら示した。

 ドイツのベルリンでは2日、メルケル首相が会合に同席したゼーホーファー内相に右手を差し出したが、ゼーホーファー氏はそれを制し、握手を返さない一幕があり、他の出席者からは大きな笑い声が起きた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス