国際

台湾、訪日控えるよう「警告」に 最高レベル、入境者は自宅隔離

 【台北共同】台湾の中央感染症指揮センターは17日、日本などに対する海外旅行感染症情報を19日から3段階の2番目の「警戒」から最高レベルの「警告」へ引き上げると発表した。台湾人に観光目的などの日本渡航を控えるよう呼び掛け、17日午後4時(日本時間同5時)以降に搭乗した台湾入境者は14日間の自宅隔離とする。

 また、同センターは台湾の新型コロナウイルスの感染者が10人増え、計77人になったと発表した。10人はいずれも旅行などで直前まで海外に滞在していた。

 17日に「警告」引き上げを発表したのは、ほかにフィリピンやインド、北朝鮮など20カ国。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス