国際

フランス、厳しい外出制限開始 人の消えたシャンゼリゼ

 人の姿が消えたシャンゼリゼ通りをパトロールする警官ら=17日、パリ(AP=共同)

 【パリ共同】フランス政府は17日、新型コロナウイルス感染拡大抑制策として、少なくとも15日間とする外出制限を全土で始めた。パリのシャンゼリゼ通りに、ほとんど人の姿はなく、聞こえるのは車の音のみ。市内各地で警官が出歩く人を呼び止め、必要な証明書の所持と外出理由を確かめた。

 「欧州で最も厳しい(自宅への)閉じ込め措置となる」。外出制限が始まる正午(日本時間午後8時)前、カスタネール内相は閣議後の記者会見で、既にイタリアとスペインで導入された措置の厳格適用を強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス